薬の有効成分

	 mope

ED治療薬の新定番として紹介するアグラゴールド、この薬は長らく「定番のED治療薬」とされてきたバイアグラと同じ有効成分で出来た薬となっています。
勃起不全を解消する仕組みも、バイアグラと同じです。「これまでずっとバイアグラでやってきたから、乗り換えるのはちょっと不安…」そんな人でも、安心して飲める薬なのです。

ところで、アグラゴールドやバイアグラがEDを解消する仕組みとは、どのようなものなのでしょうか。
それは、有効成分シルデナフィルクエン酸の働きによります。シルデナフィルクエン酸は、EDの直接原因を直接抑えることで、この症状を解消してくれます。
EDの直接原因とされているのは、PDE5という酵素です。この酵素は体内にあって、本来は勃起を収束させるために働きます。勃起した射精を終えるとPDE5が働き、ペニスが本来のサイズに戻っていくわけです。しかしこの酵素が、何らかの原因でこれから勃起しなければならないというタイミングで働くことがあります。それが、EDのメカニズムなのです。
アグラゴールド、そしてバイアグラの有効成分となっているシルデナフィルクエン酸は、勃起しなければならないというタイミングでPDE5が働くのを抑制する効果があります。
遮るものがなくなるので、スムーズに勃起をすることができる。そういう仕組みの薬になっているのです。
また、シルデナフィルクエン酸はペニスの血管の拡張を促す働きがあります。
血管が広がると血液が多く流れ込み、その分だけペニスの勃起は太く、固いものになります。